ホーム活動アーカイブ最新活動報告

活動アーカイブ

最新活動報告

2018年09月17日

9月17日 ドイツ大使館にて

会員 合田 憲司

9月17日に行われた秋祭りのためにドイツ大使館へ行きました。その時の感想を、とのことで寄稿させていただきます。今回2回目の寄稿となりますが、こういった機会をいただいたことに感謝申し上げます。

さて、私は初めて麻布にあるドイツ大使館へ行ったのですが、麻布に降りた時から異国の方が多い印象を受けました。また、当然ではありますが大使館はとても立派な建物で、大きな日本庭園があったのが印象的でした。今回の秋祭りは若手の懇親会という目的があったそうです。実際に若手が多く、中でも女性が多い秋祭りでした。ただ、東京の日独協会の理事の方やドイツ大使館の職員の方も多く混じった会でありました。

今回主に印象に残ったことが大きく2つありました。
大阪日独協会から来ていた京大の院生との会話です。京都大学院で歴史を専攻している男性と長く話をしたのですが、それが大きな刺激になりました。印象的な話題は若手が少ないということです。大学生や高校生といった学生もそうですが、働き始めたぐらいの年代が少ないのです。日独協会の活動にかかわらず、同年代で仕事を始めても何か趣味の活動を続けてるという人はやはり少ないように思います。また、多くの外国語の中でもなぜ敢えてドイツ語を学ぶのか、という議論です。留学するにしても英語が十分にできれば大丈夫だという状況があり、ドイツ語を学ぶことにメリットを感じづらいのではないか、という話になりました。こういった話題は自分自身を振り返ってみるいい機会になったと感じます。

会場の空気が独特だったことも強く記憶に残っています。大使をはじめ、大使館職員であり今回挨拶の通訳を務めておられたオステンさんも貴族の方、ということで上流の社交場のような雰囲気がありました。野暮な私にはなかなか場違いな感じがして、気後れしてしまっていました。つくづくパーティーのような華やかな場所には向かないなぁ、と思った次第です。

簡単ではありますが、報告・感想文とさせていただきます。拙筆にも関わらず、紙幅をいただきありがとうございました。

2018年09月17日

ドイツ大使館主催の秋祭りに参加して

会員 平山 梨絵

9月17日13時半から東京の駐日ドイツ大使邸で全国の日独協会会員のために秋祭りのイベントが行われました。
はじめに、駐日ドイツ大使 Dr.Hans Carl von Werthern 氏より丁寧なごあいさつの言葉をいただきました。スピーチの中で、今年度も全国から集まった日独協会会員をもてなすことができて大変光栄です、特に若い会員をこの機会にお目にかかれてうれしいですとおっしゃっていました。その後、会員の方々との交流の中で、色々な方々と知り合いになりました。例えば、ドイツワインが好きな方です。その方は私に、今の時期どのワインがおすすめかなどを教えてくださいました。他には、オーストリア航空に勤められている方や、アメリカに留学されて現在獣医としてクリニックに勤務されている方など、さまざまな方とお話ができました。来場されている方の中には、今現在ドイツ語を学んでいる若い学生さんや高校生の方もいました。また、遠くから来られた方だと、秋田から夜行バスに乗って来られた学生さんがいました。ドイツから3ヶ月の研修で来日されている、大使館のアシスタントの方2人と知り合いになりました。彼らは、日本での滞在はとても刺激的で有意義であるというお話をされていました。偶然にもその中の1人の方が、最近神戸に旅行されて、ヴィッセル神戸の試合を見に行ったとのことでした。会場ではブッフェ形式のお食事が用意されていました。お料理は一通りのコース料理のように豪華でした。どの料理もとても美味しく、特にスイーツの種類の多さには感動いたしました。あっという間に時間が過ぎて、まだまだ色々な方とお話したい気持ちもある中、来場者のみんなで最後に記念撮影をしました。お庭の奥には古いかやぶきの家や貴重なつり鐘があり、大事に保存されていることにとても感心いたしました。
この度、秋祭りに参加することができ、とても良い経験になりました。この催しを企画していただき、駐日ドイツ大使館、全国の日独協会関係者の皆様に大変感謝しております。また来年度も、多くの新規会員の方がイベントに参加できるよう、そして今後ますますの両国関係の発展を願っております。

2018年09月09日

第2回ドイツ家庭料理講習会に出席して

会員 井上周一

当日は朝から強い雨で開催も心配されましたが開催時間間際には幸運にも雨が止みました。残念ながら当日酷い雨でキャンセルされた方もおられました。しかしながら20人の出席を得て人気の高さをうかがえました。

今回の講師は前回と同じラッハマン早希子さんと北川玉恵さん、メニューは秋鮭の美味しい季節にピッタリのサーモンのパイ包みとセイボリーという珍しいハーブを使ったインゲンマメのスープ、デザートにキルシュの香りするサクランボソースがトッピングされたババロアでした。今回のメニューのスープは日本人には珍しいセイボリーというハーブ(ドイツでは豆のハーブといわれる)が何といってもポイントでした。独特の香りで淡白な豆が締まって美味しく感じました。ラッハマンさんのご主人はこのハーブが入っていないスープはあり得ないとの事です。皆さんも一度試してみられては如何でしょうか。冬場によく家庭で食べられるそうです。その所為か野菜の量が多くこれだけでもボリューム感満点でした。



秋鮭のパイ包みを頂きながら私は何年か前にカナダの国立公園でのキャンプでサーモンのホイル焼きを作って食べた事を思い出しました。

最後にデザートのキルシュソースとさくらんぼババロアはドイツ、フライブルグで食べたケーキ(キルシュクーヒェン)が美味しかった事を思い出しました。ドイツ料理を通じてそれに纏わる家庭生活、食文化を知れる事は私にとっては貴重な体験でした。


2018年09月09日

2018年度 第2回ドイツ家庭料理講習会

会員 北川玉恵

第2回ドイツ家庭料理講習会を実施いたしました。
朝から雨のお天気でしたが20名の方にお集まりくださいました。まだまだ暑い日が続きますが、秋鮭の美味しいサーモンのパイ包みはバターとホワイトソースで外はサック、中はクリーミーでいんげん豆のスープと相性がよくセボリーのハーブの香りがさっぱりとしていました。

デザートはさくらんぼのお酒を使ったソースをかけたバニラ風味のババロアでした。

簡単なのでぜひレシピを見て作ってみてくださいね。


2018年07月28日

ドイツビアフェスト2018に参加して

ドイツ語文法(G1)コース 杉本 正樹

ドイツビアフェストに初めて参加しましたので、感想を述べさせていただきます。7月29日台風12号が接近する中、開催されるのかどうか不安でしたが、お店ロインに行ってみるとすでに大勢の方が集まっておられました。受付で歌詞集を配布していただき、着席すると間もなく枡田先生のお挨拶があり、次いで「乾杯の歌」(Ein Prosit der Gemütlichkeit)でフェストの開始です。私はこの4月からドイツ語文法のコースをはじめたばかりで、歌詞を発音するのもやっとでしたが、この愉快な歌を歌っているうちに周りの方々とも打ち解けて、何かすごく楽しい気分になりました。その後、平野さんのダイナミックなアコーディオン演奏をバックに皆で歌唱が続き、ときにはダンスも交えて楽しい時が流れていきました。私がとくに感心したのは、「クフシュタインの歌(チロルの真珠)」(Die Perle Tirols)のパートで、バイエルン・カペレ大阪の岩島佳子さんが素晴らしいヨーデルと素敵な歌声を披露してくださいました。
私が知っている曲はサウンドオブミュージックで歌われた「エーデルワイス」(Edelweiß)や宝塚歌劇で有名な「白いリラがまた花咲くとき(すみれの花咲く頃)」(Wenn der weiße Fliederwieder blüht)などごく一部しかなかったのですが、大変楽しむことができました。お店のビール、ワインもおいしくいただくことができました。
私は神戸日独協会の活動が単にドイツ語のレクチャーに留まらず展開されていることに大変感銘を受け、本当に参加してよかったと感じました。今後も神戸日独協会でこのようなドイツ語圏の文化や地理、歴史を紹介する活動を期待したいと思いました。またそうした活動に積極的に関与できればと感じました。ドイツビアフェスト2018を企画、準備し、実行してくださった皆様全員に感謝申し上げます。

2018年07月21日

ドイツ映画を見る会に参加して~ゾフィー・ショル最後の日々

会員 林 典人

昨年6月ミュンヘン大学院生のベルガーさんのミニ講演があり、白バラグループのことにも触れられたのを機に、ドイツ語で書かれたものも含めてナチスへの抵抗運動について書かれた本を数冊読んでいたので、興味があってこの映画会に参加しました。
映画が終わった時、周囲から「重たい映画だ」との声を耳にしました。ショル兄妹の逮捕、尋問、裁判で、あっという間に時間が過ぎましたが、中身の濃い内容であったと思います。ビラ配りが見つかれば処刑されるかも知れない恐怖を跳ね返し、ビラ作成や郵送にかかる膨大な労力や苦労をしてまで、彼らを抵抗運動に向かわせたものは何だったのでしょうか?彼らの家庭環境、キリスト教精神から来る精神の自由と良心の独立のほかに、戦場を直接見た者の平和への使命感を、若さの純粋さが推し進めたのではないでしょうか?
映画の後の討論会で話された中に、戦時中も戦後しばらくも、ドイツ国民のかなり多くがナチスを支持していた、という話がありました。杉谷先生の言葉も交えますと、過酷なベルサイユ体制から経済の再興とドイツ国民の自信回復に貢献したとして、ヒトラーとナチスに戦後も支持が残っていたようです。映画の中でも、ショル兄妹が期待した反戦決起が起こらなかったのも、ひとつはそれが原因だったのかも知れません。
ようやく70年代頃よりナチスの否定、戦争の謝罪賠償と社会が変わっていったのは、これも杉谷先生の言葉を交えますと、ブラントのような亡命者帰国や元々のキリスト教の精神的支柱に加え、戦前のしがらみのない、戦後の人材だけで国が動かせる時代になったからではないかと思います。
ナチスの法的正当性と現実社会の物質的幸福をゾフィーに説く尋問官の言葉は、私もつい説得させられてしまいそうでした。しかし、ゾフィーは反論します。「神は選択を許すが、ナチスは選択を許さない」。そこに、精神の自由と良心の責任を見る思いがしました。

2018年07月08日

第1回ドイツ家庭料理講習会に参加して

会員 森田 智津子

久しぶりの料理講習会に参加しました。当日は長く続いた雨も上がり、お天気にめぐまれました。今回のメイン料理は「鶏肉の煮込みライス(Hähnchenfrikasse)」、サイドは「きゅうりのサラダ(Gurkensalat)」、デザートは「レモンのケーキ(Zitronenkuchen)」でした。教えて下さった先生はドイツ菓子のマイスターをお持ちのラッハマン早希子さんと北川玉恵さんでした。

今回は5名づつ4班でした。
どなたにも簡単にできる家庭料理とのことで、手順の説明を前に並んで聞き、鏡に映った真上からの様子を眺め、冷蔵庫で冷やす時間のかかるサラダからからスタートしました。


次にオーブンで焼くケーキつくり、ご飯を炊き、鶏肉を鍋で炊き皮を取り、6種の色とりどりの野菜を軽く炒め加え、生クリームと卵黄をからませ、ご飯にかけ出来上がりました。そのつどちゃんと聞いたつもりなのに、私の班はなぜか調理台に材料が残ったり、料理に使う卵の数が合わなかったり、いくつかのハプニングが起こりました。それでもなんとか出来上がりました。ドイツでは鶏肉は骨がついたまま売られているので、味付けのコンソメは使わないとか、お話も楽しかったです。


いくつかの失敗もメンバーで「印象に残ってよかった。勉強になった」との前向きでとらえることに。メインの食事の後はおいしい紅茶とともに、レモンの香りのすてきなケーキをいただきました。次回も参加したいです。

2018年04月22日

ヘレンベルガー・ホーフ2018年春のハウスメッセ

会員さんからのお誘いで、ヘレンベルガーホーフ株式会社の「2018年春のハウスメッセ」に行ってきました。

会場には40種類以上のワインが並び、リストを見て気になるワインを試飲します。たくさんの人でににぎわっていて、みなさんがどんな会話をしながら飲んでいるのか観察するのも楽しいです。

神戸日独協会「ドイツワインの会」にて浅野秀樹さんから土壌のお話を聞いたばかりのせいか、ワインの横に置いてある、その土地の石が気になってしかたがなかったです。この石が、このワインの味や香りにどう影響しているのか?少しのことでも知っていることが増えたら、楽しみ方が増えるんだろうなと思いました。


試飲会場(倉庫)の外にはテント屋根つき飲食歓談スペースがあり、その向かい側ではビールやおつまみなどを購入することができます。私はおでんを食べました。
私は初めての参加でしたが、スタッフの方のお話や会場の雰囲気、美味しいワインですっかり楽しんできました。秋にも同様の催しがあるそうです。

ヘレンベルガーホーフ株式会社


2018年04月05日

ハンブルク桜の女王・ハンブルク独日協会歓迎会報告

会長 枡田義一
2018年4月5日夕刻から神戸酒心館「さかばやし」にて、ハンブルク市独日親善大使として来日した第2代ハンブルク桜の女王アンナ・アルマゴーさんとハンブルク独日協会の橋丸榮子会長と幹部会員の方々の歓迎会を開催しました。

桜の女王アルマゴーさんはハンブルク大学日本学科の学生で、すでに熊本大学への留学経験もあるので日本語もでき、ハンブルク独日協会の橋丸会長、Klaus Roggeさん、Joachim Meyer-Plückthunさんもすでに前回2016年の訪問で顔なじみであることから、歓迎会が始まるとともにドイツ語と日本語とを入り交えての楽しい懇談を通じて、両協会の親善友好をさらに深めることが出来ました。酒心館庭園の満開のしだれ桜をバックに記念写真を撮り、このgemütlichであった春宵を思い出にして帰路につきました。


今回は桜の女王とハンブルク独日協会の方々とともに、ハンブルク市のフランク・ホルヒ経済・交通・技術革新担当大臣とコルヤ・ハーダース同局長をはじめとするハンブルク市ビジネスミッションが来神しました。訪問団は4月3日の神戸市主催の「環境・エネルギーシンポジウム」に参加し、4月4日には「神戸市と自由ハンザ都市ハンブルクとの連携・強力に関する共同宣言」が署名されました。神戸市とハンブルク市はともに環境と経済の両立を目指して再生可能エネルギーや水素エネルギーの利用・活用に取り組んでいる点で共通しています。この共同宣言の署名により、今後の環境・エネルギー分野をはじめとする両都市間の交流の発展が期待されます。

4月7日に「しあわせの村」にて、アルマゴーハンブルク桜の女王と(公財)日本さくらの会の第27代日本さくらの女王である西宮市出身の竹中理沙子さん、そしてホルヒ大臣らによって桜の植樹が行われました。

2018年03月07日

「ドイツビジネスセミナー」に参加して

会員 中島 英樹
3月7日(水)に行われた兵庫県国際交流協会、兵庫EU協会他主催の「ドイツビジネスセミナー」に参加しました。セミナーのタイトルから見て実務者を対象としたセミナーと思われたので受講をためらいましたが、演題の一つ「ブレグジットのその後~今こそドイツ進出の好機~」に興味を魅かれ参加しました。

講演はデュッセルドルフに拠点を持つ弁護士とその日本拠点の弁護士二人で行われた。講演の第一部が、日本企業がドイツに拠点を確保する方策の中で有効なM&A(企業買収と合併)の魅力とM&A戦略について、いろいろな角度からの統計をもとに話された。ここ数年ドイツに対するM&Aを含めた直接投資は増えていて今後もますます増加するものとみられている。日本企業に投資先としてドイツが選ばれる理由のいくつかの例として、ドイツには日本に類似の法的環境があることと、安定した税制や政治状況にあることなどがあげられた。講演の第二部では、日本企業がM&Aを含め実際にドイツに進出する際に必要となる、拠点設立のための情報収集方法や設立のための登記等多岐にわたる準備作業と社屋や社宅を確保すること等々の実際の設立作業について説明がされた。更に、設立から実際の拠点運営に必要な労働法を始めとする各種法律が示された。

以上が講演の大雑把な内容ですが、参加しての感想は、一つは、定員を大きく上回る多くの方が参加していてドイツ進出への関心の強さが感じ取れたことです。また、参加者の多くは神戸市所在ないしは、県内所在の企業の企業主と担当者と推測されますが、海外に向かって進出して行こうする結構強い活力が感じられ、頼もしく思いました。また、日本国内での企業買収や合併その他支店設立でも、多岐にわたる情報収集や手続きをもれなく、計画通り行うことは、なかなか骨の折れることと思う。まして、文化や法律を始め諸制度の違うドイツでスムーズに行うことはなかなかむつかしいので、今回のような現地に活動拠点を持ち、現地の諸事情に明るく実際に活動している弁護士等の選定も大きなポイントになるかと思われた。講演を聞きながら、自分の現役時代で、確か1980年代から90年代にかけて、米国の生産物賠償の賠償金が高騰し、生産物賠償責任保険の手当てが難しくなったことがあった。このことは、米国へ製品を輸出しているメーカーや輸出業者や、現地に生産拠点を持つ自動車や工作機械メーカー、更には米国進出を計画していた企業に大きなインパクトをあたえ、大きな障害を抱えることとなり、各社とも対策が急がれたことがあった。これに対する米国の大手保険ブローカーなどが、日本の保険会社などとタイアップして、米国向けの輸出メーカー等の企業に最新情報を提供するビジネスセミナーが各地で開かれたことが懐かしく思い出されました。

前述のように最初は受講をためらいましたが、現地事情を熟知している弁護士ならではの大変興味深いセミナーで受講してよかったと思いました。交流協会からはメールマガジンでイベントの案内をいただいていて、これまで三回講演会に参加しましたが、これからもできるだけ積極的に参加を心がけたいと思いました。