ホーム協会概要

協会概要

神戸日独協会は、日本・ドイツ両国の相互理解を深め、両国民の友好・親善を深めることを目的に、1940年に設立され、2015年には設立75周年を迎えました。日本でも長い伝統と日独交流の実績をもつ日本を代表するドイツに関する協会として、兵庫県より「特定非営利活動(NPO)法人」の認可を受け、日独の友好親善文化交流のために活発な活動をしている国際交流団体です。

協会名 特定非営利活動法人 神戸日独協会
設立 1940年 設立 2002年 特定非営利活動(NPO)法人認可
役員 会長: 枡田 義一 (神戸大学 名誉教授)
他理事16名・監事1名

会長ご挨拶

神戸は2017年1月1日に開港150周年を迎えました。開港直後からドイツ人(当時のプロイセン人)が来神し、開港と共に外国人に提供された居留地には多くのドイツ人が住み、地域及び住民との活発な交流が続けられてきました。またドイツ総領事館、ドイツ人学校、OAG関西支部が設置されるなど西日本のドイツ交流の拠点として神戸はドイツとの関係を深めてきました。このような交流で大きな役割を果たしてきたのは神戸の市民の皆様です。

神戸日独協会は今年で設立77年を迎えます。戦争前後については資料が消失し詳らかではありませんが、戦後再建(1954)直後に戦前の在留ドイツ人によるKlub Concordia の付属図書室にならいドイツ政府の協力を得て「ドイツ図書室」を新築の神戸国際会館(旧)内に開設し(1956)、協会の活動の拠点としてきました。1957年からはドイツ語講座が開講され「楽しく・ゆっくり・着実」をモットーに連綿と現在も続けられています。1995年の阪神淡路大震災により事務室兼ドイツ図書室の崩壊をはじめ環境は一変しました。震災直後から全国の日独協会及びドイツ国内の独日協会の温かいご支援を受け、そして何よりも会員の熱い熱意に支えられ、新たな発展の一歩を踏み出しました。

神戸日独協会の諸活動では設立以来一貫して「会員の、会員による、会員のため」ドイツを理解し、ドイツとの友好親善に寄与することを目指し、会員が主役として活動してきました。150年にわたる日独交流の歴史的遺産を持つ神戸の市民の方々と地域連携にも努めています。グローバル化が進展している現在、神戸日独協会は「グローカルな国際交流とは?」を常に問いながら今後とも会員と共に、さらに地域とも連携して、歴史ある国際交流団体として日独の友好親善交流のために尽くしていきたいと思います。

皆様のご参加・ご支援を切にお願い申し上げます。

会長 枡田義一

神戸日独協会のあゆみ

1940年 神戸日独協会設立。会長に山本治郎平氏(神戸医師会長)就任。
…第二次世界大戦で活動中断…
1954年 神戸日独協会再建(神戸市役所内)。会長に原口忠次郎氏(神戸市長)。
1956年 神戸日独協会事務室を神戸国際会館に移転。「ドイツ図書室」開設。
レコード鑑賞会、ドイツからの帰国者の基調報告会、OAGとの共催事業、クリスマス会など多彩な活動を開始。
「ドイツ語講座」を開講。
1979年 ドイツ研修旅行を始める、現在も続く。
1989年 「神戸日独協会会報」(月刊)を創刊。
1990年 ドイツ文化講座開講。
ドイツ統一・神戸日独協会50周年記念祝賀会開催。
1992年 神戸日独協会の活動が認められ、神戸市より国際交流賞を受ける。
1995年 阪神・淡路大震災で神戸日独協会事務室・ドイツ図書室崩壊。
各地の日独協会、ドイツ各地の独日協会から義援金・支援を受ける。
仮事務所を神戸市内に移しながら、活動を続ける。
1996年 在神戸ドイツ名誉領事館を併設(名誉領事黒崎勇理事長)(~2006)。
1999年 再建された新神戸国際会館に事務所を復帰。
2000年 協会設立60周年記念「コンサート・式典・祝賀会」を開催。
2005年 「日本におけるドイツ年」(~2006年)
協会設立70周年記念「コンサート・式典・祝賀会」を開催。
ドイツ再統一20周年記念諸行事の開催。
日独交流150周年記念諸行事の開催(~2011年)
2012年 兵庫県=シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州友好交流15周年記念
「日独親善交流 北ドイツの旅」。
2013年 エリゼ条約締結50周年記念諸行事の開催
2015年 ドイツ再統一25周年記念諸行事の開催。

主な活動

神戸三宮の神戸国際会館にて、ドイツ語学講座・ドイツ文化教室に加えドイツに関する文化講座・講演会や各種行事を実施し、日独両国の理解と交流推進のために幅広い活動を行っています。

2002年には兵庫県より「特定非営利活動(NPO)法人」の認可を受け、会員のみならず、ドイツに関心を持つ地域の市民や県下在住のドイツ語圏の人々に開かれた協会として活動をしています。神戸開港以来ドイツとの結びつきの深い国際都市神戸にあって、ベルリンを始めドイツ各地の独日協会とも積極的な交流をもち、「日独の架け橋」として日本・ドイツ両国の友好・親善関係を深めることに寄与しています。

活動内容

主催行事及び共催行事
日独交流のためのイベントの開催、会員親睦のためのイベントの開催
国際交流に関するイベントへの参加

講座・教室の開講
ドイツ語講座、ドイツ文化教室、ドイツ文化講座
会員によるサークル活動(月一回開催)
ドイツ語談話室、GJG(若者の集い)、シュタムティッシュ、ドイツ文化サロン
ドイツ文化紹介・日独交流・会員親睦のための催し
講演会、ドイツワインアーベント、ドイツビアフェスト、クリスマス祝賀会、ドイツ親善旅行、会員親睦遠足、近隣日独協会との交流会など

後援・支援活動
ドイツ関連団体行事及びドイツに関するイベント後援、国際交流関係イベント支援、ドイツからの研修生の受け入れ、日独青少年ホームステイ・プログラムの支援、ドイツ企業研修プログラムの支援など

会員

会員数
(2016年2月)
法人会員:15社・団体
個人会員:253名
会費 法人正会員 80,000円/年
法人準会員 30,000円/年
個人正会員 12,000円/年
個人準会員 6,000円/年
学生準会員 3,000円/年

事務室

所在地 〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1-6
神戸国際会館19階(JR/阪急三宮駅より南へ徒歩3分)
TEL / FAX 078-230-8150
E-Mail info@jdg-kobe.org
URL http://www.jdg-kobe.org
開室 月曜~金曜 12:00~18:00